2017.02.06

アーセナル撃破のチェルシー、MFアザールは「あと3点獲れたかも」

アザール
アザールはチーム2点目となるゴールを決めた [写真]=Chelsea FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、4日に行われたプレミアリーグ第24節アーセナル戦についてコメントを残した。6日付のイギリス紙『デイリーミラー』が伝えている。

 アーセナルをホームに迎えたチェルシーは前半のうちに先制すると、後半にアザールとスペイン代表MFセスク・ファブレガスのゴールでリードを広げ、3-1で上位対決を制した。この結果、勝ち点を「59」に伸ばし、2位トッテナムとの差を「9」で維持している。

 試合後、この試合で1得点を挙げたアザールは「我々はもう2点か3点獲れていたかもしれない。でも、そうしなかった。次の試合のために抑えたんだよ」と語り、次戦を考えて力を温存していたことを明かした。

 さらに、同選手は「監督は僕に多くのことを要求した。チームがボールを持っていない時は守備に回り、ボールを奪ったらカウンターを狙うよう指示されたんだ」とコメント。攻守にハードワークを求められたことを説明した。

 昨シーズンの不振から脱却したアザールは、ここまでプレミアリーグ23試合出場10ゴールを記録している。チェルシーは次節、12日に敵地でバーンリーと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る