2017.01.27

FAが退席処分のヴェンゲル監督を調査…同監督は処罰を受け入れる意向

ヴェンゲル
バーンリー戦で退席を命じられたヴェンゲル監督(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督が、イングランドサッカー協会(FA)による処分を受け入れる意向を示した。イギリスメディア『BBC』が26日付で伝えている。

 同監督は、22日に行われたプレミアリーグ第22節バーンリー戦で、後半アディショナルタイムにバーンリーにPKが与えられたことで激怒。第4審判のアンソニー・テイラー氏への過剰な抗議から、退席を命じられた。一部報道では同監督がジョナサン・モス主審に対して「詐欺師」などと侮辱したともされている。

 26日にはFAがヴェンゲル監督を呼び出し、調査を実施した。調査後にインタビューに応じた同監督は「すでに公に向けて言ったことを話してきた」とコメント。「罰せられるのか、どのような処罰になるのかは分からない」とFAの決定待ちであることを明かした。処分が下された場合は受け入れるのかという質問には、「受け入れる」と明言。自身のとった行動を反省している様子だ。

 同メディアは2012年に当時ニューカッスルを率いていたアラン・パーデュー監督(現クリスタル・パレス)が副審を突いた際の処分内容を掲載。同監督には2試合のベンチ入り禁止処分と2万ポンド(約300万円)の罰金処分が下されたが、ヴェンゲル監督にも同様の処分が下されるのではないかとした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る