FOLLOW US

レスター、失点数が昨シーズンを超える…原因にカンテ移籍などを指摘

サウサンプトン戦に敗れたレスター [写真]=Getty Images

 日本代表FW岡崎慎司所属のレスターが、プレミアリーグにおいて昨シーズンを超える失点数を記録した。23日付のイギリス紙『デイリーメール』が報じている。

 レスターは22日のリーグ第22節、日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトン戦で3ゴールを献上し、今シーズンのリーグ戦失点数が「37」まで伸びた。これで同クラブは、リーグタイトルを獲得した昨シーズンの失点数「36」を超したこととなった。

 この数字を受け同紙は、デンマーク代表GKカスパー・シュマイケル、イングランド人DFダニー・シンプソン、ジャマイカ代表DFウェズ・モーガン、元ドイツ代表DFロベルト・フートの5人が昨シーズンに引き続きレギュラーを務めながらも、今シーズンは「しばしば崩壊する」とその守備のもろさを指摘。原因を分析した。

 同紙は主要な原因として、フランス代表MFエンゴロ・カンテの退団を挙げた。昨夏にレスターからチェルシーへ完全移籍したカンテについて、「2選手分をカバーしていた」と絶賛。その上で、後釜として期待されているフランス人MFナンパリス・メンディ及び、今冬にチームへ加わったナイジェリア代表MFウィルフリード・エンディディの活躍が守備力向上の糸口であるとした。

2016年夏にレスターからチェルシーに加わったカンテ [写真]=Getty Images

2016年夏にレスターからチェルシーに加わったカンテ [写真]=Getty Images

 また、今シーズンはチャンピオンズリーグにも参戦する中で、控え選手の物足りなさも指摘。実際、センターバックの元ポーランド代表DFマルチン・ヴァシレフスキは、リーグ戦1試合の出場にとどまっている。さらに、クラウディオ・ラニエリ監督が試す新フォーメーションに関しても、「選手を混乱させただけ」と厳しい評価が下された。

 現在勝ち点21で15位に沈むレスター。降格圏の18位クリスタル・パレスとは同5ポイント差となっている。シーズン後半戦での巻き返しに期待が寄せられる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA