2017.01.05

右ひざ負傷のエヴァートンMFボラシエ、1年の長期離脱か 監督が明かす

ボラシエ
ボラシエは12月4日のマンチェスター・U戦で負傷交代していた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エヴァートンに所属するDRコンゴ代表MFヤニク・ボラシエに長期離脱の恐れが出ている。5日付のイギリス紙『サン』が報じた。

 ボラシエは12月4日に行われたプレミアリーグ第14節マンチェスター・U戦に先発出場し、試合途中に負傷。78分にエクアドル代表FWエネル・バレンシアと交代されていた。報道によると、同選手は右ひざを痛めており、約1年間の長期離脱を強いられる可能性があるという。

 チームを率いるロナルド・クーマン監督は「復帰には11カ月から12カ月かかるだろう。とても悲しいよ」と話し、ボラシエの離脱を嘆いた。

 ボラシエは今シーズン、負傷したマンチェスター・U戦までのプレミアリーグ全14試合に出場しており、新加入ながら攻撃を牽引する活躍を見せていた。そのため、チームの中心選手として欠かせない役目を担っている同選手の不在に、代役確保の必要性も囁かれている。

 この件について、クーマン監督は「彼や彼のチームメイト、そしてクラブにとって大きな損失だ。だが、これは控え選手たちのチャンスでもある。我々には熾烈なポジション争いが必要だ」と述べ、控え選手たちを鼓舞するコメントを残している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
フランクフルト
39pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る