2016.12.27

相手マスコットへの処分要求…試合後の行為にアラダイス監督が激怒

ハリー
試合後、ピッチにダイブするワトフォードのマスコット [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 クリスタル・パレスのサム・アラダイス監督が、ワトフォードのマスコット・キャラクターであるハリー・ザ・ホーネッツの行動に苦言を呈した。26日付けのイギリス紙『インディペンデント』が報じている。

 26日にプレミアリーグ第18節でワトフォードと顔を合わせたクリスタル・パレス。アラダイス監督の初陣は1-1と、アウェーで勝ち点1を獲得するまずまずの結果になっている。しかし、同監督は試合終了後の出来事に腹を立てているようだ。

 試合終盤、クリスタル・パレスはイングランド代表MFウィルフレッド・ザハが相手選手との接触でエリア内に倒れ込んだかに見えたが、シミュレーションと主審に判定されて逆にイエローカードを貰っていた。

 ワトフォードのマスコットであるハリーは試合後、ピッチにダイブするパフォーマンスを見せ、ザハの行為を嘲笑したという。

 アラダイス監督はこの行動に不快感を示し「プレミアリーグとFA(イングランドサッカー協会)は、あの行為を見て何だってできるはずだ。あのマスコットはイカれている、だろう?」と怒りが収まらない様子だった。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る