2016.12.26

主将テリー、今冬のチェルシー退団否定…来夏は広州恒大が“爆買い”オファーか

テリー
チェルシーのテリーがクラブ残留の意向を明かした [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーのキャプテンを務める元イングランド代表DFジョン・テリーが、今冬の移籍市場で同クラブを退団する意思がないことを明言した。イギリス紙『デイリーメール』が25日に報じている。

 報道によると、テリーは仮に巨額オファーを提示されたとしても、今冬の移籍市場でチェルシーを退団する意思はないという。ただ、同選手とチェルシーとの現行契約は今シーズン限りとなっている。同紙は、中国スーパーリーグの広州恒大がテリーの契約満了を待って、同選手にオファーを提示する計画を立てていると報じている。

 テリーは1980年生まれの36歳。1995年にチェルシーの下部組織に加入し、1998年にトップチームへ昇格した。2000年にノッティンガム・フォレストへ短期間の期限付き移籍を経験した以外はキャリアの全てをチェルシーで過ごしている。今年3月12日に行われたFAカップ6回戦(準々決勝)エヴァートン戦では、クラブ史上3人目となる公式戦通算700試合出場を達成。プレミアリーグを4度制し、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグでも優勝を果たすなど、チェルシーに数々のタイトルをもたらしてきた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る