2016.12.24

マンCのMFギュンドアン、右ひざ手術成功「回復に向けた新たな道のり」

ギュンドアン
右ひざを負傷しているマンCのMFギュンドアン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが23日、公式ツイッター上で右ひざ手術の成功を報告した。

 ギュンドアンは14日に行われたプレミアリーグ第16節のワトフォード戦に先発出場した際、相手選手のタックルを受けて十字じん帯を負傷し、ハーフタイム直前で交代。試合後には同クラブのジョゼップ・グアルディオラ監督が、同選手が手術を受けることになると明言していた。

 23日、ギュンドアンは自身の公式ツイッターを更新。病院のベッドに腰掛けている様子を公開し、「やあみんな! 自分は元気だし、今日の手術もうまく行ったよ。今度は、回復に向けた新たな道のりだ」と、手術が成功に終わったことを報告している。

 なお、同選手の離脱期間については発表されていないが、23日付けのイギリス紙『サン』によれば、今シーズン中の復帰は厳しいと考えられているようだ。今夏マンチェスター・Cに加入した同選手は、公式戦16試合に出場し5ゴールをマークしている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る