2016.09.15

マンUのDFジョーンズがひざのじん帯を負傷 約1カ月の離脱と発表

マンチェスター・Uで6年目を迎えたDFジョーンズ [写真]=Man Utd via Getty Images
マンチェスター・ユナイテッド公式日本語版。

 マンチェスター・Uは14日、イングランド代表DFフィル・ジョーンズが負傷したことを発表した。

 ジョゼ・モウリーニョ監督が、15日に行われるヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節フェイエノールト戦の前日会見でジョーンズについて言及。ひざの内側側副じん帯の負傷のためメンバーから外れ、およそ1カ月間離脱すると伝えられている。

 今シーズンは、リーグ開幕からセンターバックのコンビはオランダ代表DFデイリー・ブリントとコートジボワール代表DFエリック・バイリーで固定しているマンチェスター・U。モウリーニョ監督はフェイエノールト戦では先発メンバーを入れ替えると示唆していたが、ジョーンズの今シーズン初出場は見送られることとなった。

 現在24歳のジョーンズは2011年にブラックバーンからマンチェスター・Uに加入。初年度からプレミアリーグ29試合に出場するなど主力として活躍するも、昨シーズンは負傷の影響もあってリーグ戦10試合の出場にとどまった。また、イングランド代表としても20試合に出場しているが、昨年11月を最後に招集を見送られている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る