2016.08.06

先発の香川は途中交代…ゲッツェ“復帰”のドルト、サンダーランドとドロー

香川真司
先発出場で後半途中までプレーした香川 [写真]=Sunderland AFC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレシーズンマッチが5日に行われ、日本代表MF香川真司のドルトムントとサンダーランドが対戦。香川は先発メンバーに名を連ねた。

 オーストリアで開催された一戦、ドルトムントの先発メンバーには香川のほか、バルセロナから加入したスペイン人DFマルク・バルトラやレンヌから移籍したU-19フランス代表FWウスマン・デンベレらが名を連ねた。

 対するサンダーランドは、7月23日にデイヴィッド・モイーズ監督が就任。香川にとってはマンチェスター・U所属時に指導を受けた同指揮官との再会となった。先発メンバーにはイタリア人FWファビオ・ボリーニらが名を連ねている。

サンダーランドを率いるモイーズ監督 [写真]=Sunderland AFC via Getty Images

サンダーランドを率いるモイーズ監督 [写真]=Sunderland AFC via Getty Images

先発メンバーに名を連ねた香川 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

先発メンバーに名を連ねた香川 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 均衡を破ったのはドルトムントだった。17分、敵陣ペナルティーエリア右側でボールを持ったデンベレが力強い突破でゴールライン際まで持ち込み、ファーサイドへクロス。相手DFにクリアされたが、ペナルティーエリア手前へ転がったこぼれ球にヌリ・シャヒンが反応し、左足を振り抜く。バウンドに合わせたダイレクトでのシュートがゴール左隅に決まり、ドルトムントが先制に成功した。

シャヒンの先制ゴールを祝福するドルトムントの選手たち [写真]=Getty Images

シャヒンの先制ゴールを祝福するドルトムントの選手たち [写真]=Getty Images

 前半は1-0で終了。後半はサンダーランドがセットプレーから同点に追いつく展開となった。66分、敵陣左サイドからのFKに反応したラミーヌ・コネが打点の高いヘディングシュートを決めた。

 失点直後、ドルトムントは7選手を交代。バイエルンから復帰したマリオ・ゲッツェや新加入のアンドレ・シュールレらを投入し、香川は交代となった。ゲッツェにとっては古巣復帰後初の対外試合となった。

ドルトムントでの“復帰戦”に臨んだゲッツェ [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

ドルトムントでの“復帰戦”に臨んだゲッツェ [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

新加入のシュールレ(中央)も途中出場でピッチに立った [写真]=Getty Images

新加入のシュールレ(中央)も途中出場でピッチに立った [写真]=Getty Images

 ドルトムントは77分、クリスチャン・プリシッチが右サイドからドリブルでカットイン。左足シュートで枠を捉えたものの、相手GKの正面を突いてゴールとはならなかった。

 最後まで勝ち越しゴールは生まれず、試合は1-1で終了。引き分けに終わっている。

【スコア】
ドルトムント 1-1 サンダーランド

【得点者】
1-0 17分 ヌリ・シャヒン(ドルトムント)
1-1 66分 ラミーヌ・コネ(サンダーランド)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る