2016.07.22

リヴァプール、MFアレンの退団が現実的に…ストーク移籍で合意か

アレン
ユーロ2016では大会ベストイレブンに選出されたウェールズ代表MFアレン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リヴァプールに所属するウェールズ代表MFジョー・アレンの退団が決定的となった。21日付のイギリス紙『リヴァプール・エコー』が報じている。

 ウェールズ代表として出場したユーロ2016ではチームの準決勝進出に貢献し、大会ベストイレブンに選ばれる活躍を見せたアレンだが、リヴァプールでは定位置を確保できていない。

 同紙によれば、ストークがアレンの獲得のために1300万ポンド(約18億円)を支払うことで、リヴァプールと合意に至ったようだ。同選手はマンチェスター・Uや日本代表MF清武弘嗣が加入したセビージャなどからの興味が伝えられていたが、ストーク移籍が目前に迫っているという。

 現在26歳の同選手はスウォンジーのアカデミー出身で、同クラブで2007年にトップチームへ加入した。10ー11シーズン、ブレンダン・ロジャース監督のもとで同クラブはプレミアリーグに昇格。2012年夏に同監督がリヴァプールの指揮官に就任すると、これに伴ってアレンもリヴァプールへ移籍した。同クラブではこれまでに132試合に出場している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る