2016.07.17

エスパニョール、マタの獲得に興味…中国企業の後ろ盾で積極補強か

マタ
マタの獲得に、エスパニョールも興味を示しているようだ [写真]=AMA/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 移籍報道が加熱しているマンチェスター・Uのスペイン代表MFフアン・マタの獲得に、エスパニョールも興味を示しているようだ。16日付けのイギリス紙『ミラー』が報じている。

 2014年1月、当時ジョゼ・モウリーニョ監督が率いていたチェルシーで出場機会を失っていたマタはマンチェスター・Uへと移籍した。同クラブでは主力としてチームを引っ張っていたが、今シーズンからモウリーニョ監督が同クラブの新指揮官に就任したことで、再び居場所を失うのではないかと予想されている。今夏での退団が噂されており、エヴァートンや古巣バレンシアなど複数クラブからの関心が伝えられてきた。

 同紙によれば、エスパニョールもマタの動向を注視しているようだ。同クラブは昨年11月に中国系企業に買収されており、クラブは移籍市場での投資に十分な資金を手にしている。今夏の目玉補強として、マタがターゲットとなる可能性が浮上している模様だ。

 マンチェスター・Uは16日に今夏最初のプレシーズンマッチを行い、ウィガンに2ー0で勝利。マタは後半開始からピッチに立ち、チームの白星発進に貢献した。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る