FOLLOW US

リヴァプール、2年でサウサンプトンから5選手を獲得…総額は130億円超

直近の2年でサウサンプトンからリヴァプールへ移籍した5選手(左からクライン、ランバート、ロブレン、ララーナ、マネ) [写真]=Getty Images

 リヴァプールが過去2年間で日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンから獲得した選手総額が、9550万ポンド(約133億7000万円)に上り、2009年に現サウサンプトンオーナーのリーブヘル一族が買収した額の7倍以上に相当することが明らかとなった。29日付のイギリス紙『デイリーミラー』などが報じた。

 28日にサウサンプトンからセネガル代表FWサディオ・マネを3400万ポンド(47億6000万円)で獲得したリヴァプール。過去2シーズンの間に、同クラブからイングランド代表MFアダム・ララーナを2500万(約35億円)ポンド、同DFナサニエル・クラインを1250万ポンド(約17億5000万円)、同国出身FWリッキー・ランバートを400万ポンド(約5億6000万円)、クロアチア代表DFデヤン・ロブレンを2000万ポンド(約28億円)で補強している。

 その総額は、リーブヘル一族が2009年に当時イングランド3部リーグで経営破たんに陥ったサウサンプトンを買収した額1300万ポンド(約18億2000万円)のおよそ7倍以上に当たる。

 一方、サウサンプトンは現在、いまだ監督が決まっていない状態。また、ユーロ2016で活躍しているイタリア代表FWグラツィアーノ・ペッレをはじめ、クラブ主将を務めるポルトガル代表DFジョゼ・フォンテや同国代表DFセドリク・ソアレスなどの移籍報道が取り沙汰されている。

SHARE



LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO