2016.06.24

ハメス、マンU加入が有力か…移籍に備えて新居探し中とスペイン誌報道

ハメス・ロドリゲス
マンU移籍の可能性を報じられているハメス・ロドリゲス [写真]=Power Sport Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが、イギリス・マンチェスター内で新居を探している模様だ。スペインのサッカー専門誌『Don Balon』電子版が報じている。

 同誌によると、J・ロドリゲスは現在、マンチェスター市中心部から15キロメートルほど離れた地域で新居を探している。ウィルムスロウやアルダリーエッジ、プレストベリーといった地域が対象となっているようで、レアル・マドリード退団とマンチェスター・U移籍に備えた動きと伝えられている。

 移籍の可能性を報じられ、去就に注目が集まっているJ・ロドリゲス。22日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』によると、同選手の代理人を務めるジョルジュ・メンデス氏が、マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督に対して同選手の移籍に向けた打診を行った。メンデス氏は同監督の代理人も担当しており、レアル・マドリードや同クラブのフロレンティーノ・ペレス会長とも良好な関係を築いている。同紙は「ハメスとメンデス、モウリーニョはレアル・マドリードを納得させるプランを持っている」と記し、移籍金は8000万ユーロ以上(約94億2000万円)になると報じた。

 J・ロドリゲスはコロンビア代表の一員としてコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016に出場していたが、22日の準決勝チリ代表戦で0-2と敗れ、残すは25日に行われる3位決定戦のアメリカ代表戦のみとなった。同大会終了後、移籍に向けた具体的な動きがあると見られている。

 J・ロドリゲスはレアル加入2年目の今シーズン、リーガ・エスパニョーラでは26試合出場7ゴールを記録したが、先発出場は17試合。全38試合の半数にも満たなかった。5月28日のチャンピオンズリーグ決勝アトレティコ・マドリード戦でもピッチに立つことはできず、公式戦通算では昨シーズンより14試合も少ない32試合出場にとどまった。


欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る