2016.06.03

「ヴァーディに激似」で話題のサポーター、SNS上で本人にブロックされる

ヴァーディ
ヴァーディ本人(左)と、“そっくりさん”のチャップマン氏(右) [写真]=Leicester City FC via Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 日本代表FW岡崎慎司所属のレスターをプレミアリーグ優勝に導いた主役といえば、やはりエースのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディだ。

 11試合連続得点やリヴァプール戦で決めたゴールなど、非常に印象に残る活躍を続けたことは周知の事実である。

 イングランド代表を率いるロイ・ホジソン監督の目にも留まり、ドイツ代表との親善試合では驚愕のゴラッソ。見事、フランスで行われるユーロ2016の代表メンバーに選出されている。

 さて、そんなヴァーディの“そっくりさん”がイギリスで話題になっている。

 同国紙『ガーディアン』によれば、“そっくりさん”の名はリー・チャップマン。普段は郵便配達員として働く、レスターの熱狂的なファンである。

 サポーターの1人としてレスターのチームバスを囲んだ際、あまりにも似ているということで車内に引き入れられたそうだ。

 一躍有名人となったリー・チャップマン氏は、レスターの優勝以来、テレビに招かれるなど露出が増えたのだが、非常にショッキングな出来事が起きてしまった。

 ヴァーディ本人にSNS上でブロックされてしまったのである。

 チャップマン氏がヴァーディにTwitterやInstagramでコンタクトを取ろうとしたところ、ブロックされていることに気づいた模様だ。

 同氏の代理人を務めるジェームズ・オースティン氏がイギリス紙『デイリーメール』に語ったところによれば、それは突然起きたことであるという。

「結局のところ、リーはレスターの熱烈なファンであり、彼のアイドルはジェイミー・ヴァーディなんだよ。彼は心底落ち込んでおり、ヴァーディ側から敵意をもたれたようだ」

 最近、ヴァーディは交際していたレベッカ・ニコルソン氏と結婚したのだが、そのレベッカ氏からもブロックされているという。

 一方、ヴァーディの代理人を務めているジョン・モリス氏は以下のように語った。

「リーが上手くいくことを願っているよ」

「私は彼に会ったことがあるし、本当にナイスガイのように思える。だが、スポーツ選手やムービースターであろうがなかろうが、もしなにかが起きたら、身を守るものだよ」

「リーがTwitterでブロックされていることについては何も知らない」

 ヴァーディが何故ブロックしたのかはわからないが、モリス氏のコメントが示唆しているのは、突如有名になってしまった郵便局員の今後を危惧しての措置なのかもしれない。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る