2016.05.30

マンU就任のモウリーニョ監督、ファーディナンド氏のコーチ就任を希望か

モウリーニョ、ファーディナンド
マンUのモウリーニョ監督(左)がファーディナンド氏(右)のコーチ就任を希望か [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 27日にマンチェスター・Uの新指揮官就任が発表されたジョゼ・モウリーニョ監督が、元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏のコーチ招へいを望んでいるようだ。イギリス紙『デイリーメール』が29日に報じた。

 マンチェスター・Uは27日、モウリーニョ監督との3年契約締結を発表。今回の報道によると、同監督はファーディナンド氏をコーチとして招へいする意向を持っている模様だ。

 ファーディナンド氏は選手時代、2002年から2014年までマンチェスター・Uでプレー。2014-15シーズンはクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)でプレーし、現役を引退した。モウリーニョ監督はマンチェスター・Uに関する知識を持っている人物を入閣させたい意向で、ファーディナンド氏に白羽の矢を立てたようだ。

 また、退団の可能性を報じられているアシスタントコーチのライアン・ギグス氏についてモウリーニョ監督は、マンチェスター・U残留を望んでいると報じられている。モウリーニョ監督はギグス氏にトップチームとU-21チームの間をつなぐ役割を期待していると伝えられた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング