2016.05.11

ファンが試合前にマンUバス襲撃…ウェストハム「許されない行為」

ブーリン・スタジアムに向かうマンUのバス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ウェストハムは11日、サポーターがマンチェスター・Uのバスを襲撃したことについて、クラブ公式サイトで声明文を発表した。

 同クラブは10日、延期となっていたプレミアリーグ第35節でマンチェスター・Uと対戦し、3-2で勝利。来シーズンのスタジアム移転が決まっている中、本拠地ブーリン・グラウンドでの最後の試合を勝利で締めくくった。

 この試合は現地時間19時45分にキックオフ予定だったが、ウェストハムサポーターが試合前にマンチェスター・Uのバスを襲撃した影響で、45分遅れの20時30分から開始された。バスには物が投げつけられ、ガラスが破損するなどの被害を受けている。

 ウェストハムは同サイトを通じて、「私たちは、何人かのサポーターがブーリン・グラウンドの外で不適切な行為を行い、マンチェスター・Uのバスに被害を与えたことを把握しています。これは許されない行為であり、クラブは加害者を特定し責任を追及するために、警察と協力して動きます」とコメントした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る