2016.05.03

日本人3人目のプレミア制覇…歓喜の岡崎「我を失うくらい嬉しい」

岡崎慎司
日本人3人目のプレミア制覇を達成した岡崎 [写真]=Leicester City FC via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第36節が2日に行われ、チェルシーとトッテナムが対戦。2-2の引き分けに終わり、日本代表FW岡崎慎司が所属する首位のレスターと2位トッテナムとの勝ち点差が残り2試合で「7」となった。以上の結果、レスターのプレミアリーグ初優勝が決定した。

“奇跡”とも称される優勝を決め、岡崎が自身のツイッター(@okazakiofficial)を更新。「久しぶりに我を失うくらい嬉しくて信じられない気持ちです」と、喜びの声を綴った。

 岡崎は今シーズン、プレミアリーグ第36節終了時点で34試合出場(先発出場は27試合)5ゴールを記録。主力メンバーとして優勝に貢献した。

 なお、日本人選手のプレミアリーグ優勝は史上3回目。元日本代表MF稲本潤一(現コンサドーレ札幌)が2001-02シーズンにアーセナルで、日本代表MF香川真司(現ドルトムント)が2012-13シーズンにマンチェスター・Uで経験しており、岡崎は日本人として3人目のチャンピオンに輝いた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る