2016.04.29

マンCがウォルコットを獲得候補に…グアルディオラ新監督が希望か

ウォルコット
移籍の可能性を報じられているアーセナルのウォルコット [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Cが、アーセナルに所属するイングランド代表FWセオ・ウォルコットを今夏の移籍市場における補強候補の1人と考えている。イギリス紙『イブニングスタンダード』が28日に報じた。

 同紙によると、今シーズン終了後にマンチェスター・Cの指揮官に就任することが決まっているジョゼップ・グアルディオラ監督(現バイエルン)がウォルコットの動向を注視し、獲得を望んでいる模様。マンチェスター・Cは今夏の移籍市場における補強候補リストに同選手の名を加えたと報じられている。

 現在27歳のウォルコットはサウサンプトンの下部組織出身。2005年にトップチームデビューを果たした。2006年にアーセナルに移籍し、加入10年目を迎えている。今シーズンはプレミアリーグ第35節終了時点で27試合出場5得点を記録している。

 同選手については、今月17日付のイギリス紙『ザ・サン』が移籍の可能性を報道。ウォルコットはアーセン・ヴェンゲル監督の起用法に不満を持っているとのことで、古巣サウサンプトンやリヴァプールが移籍先候補として挙げられていた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る