FOLLOW US

グアルディオラ氏就任のマンC、ドルトMFギュンドアンを獲得で合意か

ドルトムントでプレーするギュンドアン vc

 マンチェスター・Cが日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンの獲得で合意に至ったことが明らかになった。16日付のイギリス紙『サン』などが報じている。

 来シーズンからマンチェスター・Cの指揮官に就任するジョゼップ・グアルディオラ氏が、獲得を望んでいると報道されていたギュンドアン。昨夏も去就問題に揺れた同選手だが、今シーズン終了後のマンチェスター・C移籍が確実となったようだ。

 同紙によると、プレミアリーグのライバルクラブであるアーセナルリヴァプールも同選手に関心を示していたが、マンチェスター・Cが獲得レースに勝利した模様。移籍金は約3000万ポンド(約46億2000万円)で、今シーズン終了後に発表されるという。

 現在25歳のギュンドアンは、2011年にニュルンベルクからドルトムントに加入。これまで公式戦155試合に出場してきた。香川と仲のいいことで知られている同選手は、ドルトムントとの契約を2017年まで残している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA