2016.03.30

ルカクが移籍示唆、マンUでモウリーニョと再会か…CL出場が条件に

ロメル・ルカク
マンU移籍の可能性を報じられたFWルカク [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エヴァートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが、マンチェスター・Uの次期指揮官就任が濃厚とされるジョゼ・モウリーニョ氏についてコメントした。イギリス紙『アイリッシュ・インデペンデント』が29日付で伝えている。

 今シーズンの公式戦37試合に出場し、25ゴールを記録している22歳のルカク。来シーズンはチャンピオンズリーグの舞台でプレーすることを望んでいるストライカーは、マンチェスター・Uなど複数の強豪クラブからの関心が報じられている。

 ただ、ルカクとモウリーニョ氏の間には、チェルシー時代に確執があったと噂されている。当時、同監督の下でなかなか出番を得られなかったルカクは、出場機会を求めてエヴァートンに移籍した。モウリーニョ氏が来シーズンからマンチェスター・Uの指揮官に就任する場合、2人の再会について不安視する声も多い。

 モウリーニョ氏との再会について尋ねられると、ルカクは「『モウリーニョに僕の実力を証明する必要がある』と言う人もいるけど、そんな必要はないよ。3年前に僕は20歳で、チェルシーのトップチームで出場機会を得るのに十分な準備ができていなかった。エヴァートンで数シーズンを過ごしたことで状況は変わったんだ。僕は5月で23歳になる。もしかしたら今夏にエヴァートンを去ることになるかもしれない」と、コメントしている。

 今夏の移籍が実現する場合、ルカクの移籍金は5000万ポンド(約81億円)に達するとされているが、エヴァートン側は同選手の売却に消極的だとみられている。また、マンチェスター・Uにとっては、チャンピオンズリーグ出場権を獲得して今シーズンを終えることが、ルカク獲得の条件となる模様だ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る