2016.03.24

チェルシーGKクルトワ、モウリーニョ解任を支持「悪循環に陥っていた」

クルトワ、モウリーニョ
クルトワ(左)がモウリーニョ監督(右)解任について言及 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが、昨年12月にジョゼ・モウリーニョ前監督を解任した同クラブ首脳陣の判断を支持した。イギリスメディア『スカイ・スポーツ』が23日付で伝えている。

 昨シーズンのプレミアリーグ王者であるにも関わらず、今シーズンは低迷し、一時は16位にまで沈んでいたチェルシー。深刻な成績不振の責任を追及されたモウリーニョ前監督は、昨年12月に解任された。後任のフース・ヒディンク監督就任以降、チェルシーはリーグ戦で無敗をキープしている。

 クルトワは「今シーズンの僕たちがなぜ、あれほどの不振に陥ったのかを説明するのは難しい。もしかしたら、とても手短に終わったプレシーズンの準備のせいかもしれない。フィジカルコンディションが良い状態になかったんだ」と語り、不振の原因を振り返っている。

 続けて、「完全に悪循環に陥ってしまっていた。あの時点で監督交代が必要だったことは間違いない。あまりにも多くの試合で引き分けていたし、簡単にゴールを許しすぎていた。(負傷離脱していた)自分があの時にピッチに立てていたら、もっとうまくやれていたとは思うけれど」とコメントし、モウリーニョ前監督を解任したチェルシー首脳陣の決断を支持している。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る