FOLLOW US

リヴァプール、FA杯4回戦敗退…再試合の延長戦で劇的決勝弾許す

決定機を外して頭を抱えるベンテケ [写真]=Getty Images

 FAカップ4回戦再試合が9日に行われ、ウェストハムとリヴァプールが対戦した。

 1月30日にリヴァプールのホームで行われた4回戦は、0-0の引き分け。決着は再試合に持ち越されることとなった。敵地に乗り込むリヴァプールは、6日のプレミアリーグ第25節ではサンダーランドと2-2の引き分け。残り10分を切った時点では2点リードを奪っていたが、終了間際に追いつかれて勝利を逃した。公式戦3試合勝ちなしと足踏み状態が続いている。

 一方のウェストハムは、6日のプレミアリーグ第25節で日本代表DF吉田麻也のサウサンプトンと対戦し、0-1で敗戦。本拠地に戻り、中2日で再試合を迎えた。

 3日前のサンダーランド戦から、GKシモン・ミニョレを除くフィールドプレーヤー全員を入れ替えたリヴァプールは、フィリペ・コウチーニョがゴールを脅かすなど攻勢をかけたが、なかなか均衡を破ることができない。すると45分、ウェストハムに先制を許す。マイケル・アントニオにボレーシュートでゴールを決められ、1点ビハインドでハーフタイムを迎えた。

 0-1で迎えた後半開始早々、リヴァプールは同点ゴールを奪った。48分、コウチーニョがペナルティーエリア左手前からのFKを直接狙う。意表を突いてグラウンダーで蹴り込まれたシュートは、ジャンプした壁の選手たちの下を通り、ゴール左隅へと転がり込んだ。リヴァプールがスコアを1-1とした。

 逆転を狙うユルゲン・クロップ監督は59分に2枚替えを決断。長期離脱を強いられていたダニエル・スタリッジディヴォック・オリジをピッチへ送り出し、攻撃陣の活性化を図る。しかし、2点目を奪うことはできなかった。90分を終えて1-1、2試合合計スコアも1-1で、延長戦に突入することとなった。

 延長戦では、リヴァプールが幾度となく決定機を作り出した。クリスティアン・ベンテケが相手GKと1対1の場面を迎えたり、クロスに合わせてヘディングシュートを放ったりとゴールを脅かしたものの、2点目を決めることができない。108分にはオリジがペナルティーエリア左側から豪快なシュートを放ったが、枠の外へ。延長後半終了間際の118分には、スタリッジが右サイドからのクロスにヒールで合わせてゴールを狙ったが、相手DFにブロックされて枠を捉えることはできなかった。

 すると、延長後半のアディショナルタイムが2分と表示された直後、ウェストハムが劇的な決勝点を奪う。右サイドで得たFKをディミトリ・パイェが蹴り込み、ファーサイドで反応したアンジェロ・オグボンナが打点の高いヘディングシュートをゴール右隅へ決めた。

 試合は2-1で終了。劇的な勝利を収めたウェストハムが、ベスト16進出を決めた。5回戦では2部所属のブラックバーンと対戦する。

 ウェストハムは次戦、13日のプレミアリーグ第26節でノリッジとアウェーで対戦。公式戦4試合勝ちなしとなったリヴァプールは、14日にアストン・ヴィラとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
ウェストハム 2-1(延長)(2試合合計:2-1)リヴァプール

【得点者】
1-0 45分 マイケル・アントニオ(ウェストハム)
1-1 48分 フィリペ・コウチーニョリヴァプール
2-1 120分 アンジェロ・オグボンナ(ウェストハム)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA