2015.12.29

マンU対チェルシーはスコアレス…浮上を目指す両者の対戦は痛み分け

プレミアリーグ第19節に出場したルーニー(左)とアスピリクエタ(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第19節が28日に行われ、マンチェスター・Uとチェルシーが対戦した。

 前節からわずか中1日で迎えたこの試合。公式戦7試合で未勝利が続くマンチェスター・Uはリーグ第18節のストーク戦から先発を4人入れ替え、イングランド代表FWウェイン・ルーニーらがスタメンで起用された。一方、フース・ヒディンク新監督の下復調を目指すチェルシーはスペイン代表FWジエゴ・コスタが出場停止。ベルギー代表MFエデン・アザールが3試合ぶりの先発復帰を果たした。

 試合開始直後からマンチェスター・Uが攻勢に出る。3分、PA付近でパスを受けたフアン・マタがミドルシュート。しかしこれはクロスバーに弾かれゴールとはならない。16分にはアントニー・マルシャルが左サイドからドリブルで仕掛けそのままシュートを放つが、これもポストに阻まれる。

 その後も試合を優位に進めるマンチェスター・Uは29分、ルーニーがミドルシュートを放つもゴールには至らない。結局前半はこのまま終了し、両チームともにゴールを挙げられないまま0-0で折り返す。

 前半ほとんどチャンスの無かったチェルシーは48分、ピッチ中央でボールを持ったアザールがペドロ・ロドリゲスへパスを送ると、ペドロはそのまま左足でシュート。しかしこれはGKダビド・デ・ヘアが右手一本で防ぐ。さらにこぼれ球をセサル・アスピリクエタがつめるが、再びデ・ヘアが体を張ってセーブした。

 対するマンチェスター・U は56分、マルシャルが左サイドからグラウンダーのクロスを上げると、アンデル・エレーラが合わせた。しかしGKティボー・クルトワがボールに反応しビッグセーブ。チームを救った。

 62分、チェルシーがカウンターを仕掛ける。相手セットプレーのこぼれ球をペドロが拾うと、全速力でピッチを駆け上がるネマニャ・マティッチへラストパス。GKとの一対一を迎えるが、マティッチのシュートは枠を大きく外れ得点には至らない。

 試合終盤は両チーム疲れを見せ、攻撃に精彩を欠いた。結局、最後までネットを揺らすことはできず、上位浮上を目指すチーム同士の対戦はスコアレスドローに終わった。

 次節、マンチェスター・Uはホームでスウォンジーと、チェルシーはアウェーでクリスタル・パレスと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・U 0-0 チェルシー

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る