2015.12.16

“選手に裏切られた気分”のモウリーニョ、トップ4入りに白旗宣言

モウリーニョ
レスター戦で指揮を執るチェルシーのモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、練習でできていることが試合で実践できない選手たちに対して怒りを露にした。イギリス紙『ガーディアン』やイギリス・メディア『BBC』など複数メディアが15日付で伝えている。

 プレアミリーグ第16節のレスター戦を1-2で落とし、今シーズン9敗目を喫したことでリーグ順位が16位にまで沈み、現在のチェルシーは降格圏までわずか勝ち点1しかない。

 試合後にチームが低迷している原因を聞かれたモウリーニョ監督は、「私は裏切られた気分だ。私の強みは自らのチームの選手たちの特性を理解し、相手チームを分析し、相手の脅威を見極めることにある。この試合のために我々は4日間練習を積んできた。ゴールを量産しているレスターの得点パターンはほぼ4つに分類でき、それらの対策を練ってきた。今日の彼らのゴールはその4パターンの内の2つだった。対策は十分にしていたはずなので、失点した理由は選手たちに聞いて欲しい」とコメントし、練習で指示した通りのことができない選手たちに怒りを示した。

 また、同監督は「クラブの経営陣を訪ねて、選手たちがよくないので5000万ポンド(約91億円)とか1億ポンド(約183億円)を遣わせてくれと頼むのは間違ってると思う。手元にいる選手でやっていくしかないんだ。確かに彼らの調子はよくないかもしれない。彼らは誇りや自尊心を傷つけられていると感じなければならないし、結果を出すために謙虚に取組んでいかなければならない」と述べ、今冬の移籍市場で積極的な補強をしない方針を明らかにしている。

 さらに、「我々はトップ4でシーズンを終えることはできないだろう。トップ6に入ることは可能だ。他にも多くのチームが勝ち点を落としているからね。今の我々は恥ずべき順位にいる」と語り、チャンピオンズリーグ出場権を獲得できるトップ4入りの可能性が潰えたことを認めた。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る