2015.12.12

今節は9選手が欠場…頭を悩ますマンU監督「良い状態ではない」

ダルミアン
ヴォルフスブルク戦で負傷したDFダルミアン [写真]=Man Utd via Getty Images
マンチェスター・ユナイテッド公式日本語版。

 マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督は、クラブ公式チャンネル『MUTV』のインタビューで、9選手が12日に行われるプレミアリーグ第16節のボーンマス戦を欠場することを明かした。クラブ公式サイトが11日に伝えた。

 前節ウェストハム戦でニュージーランド代表DFウィンストン・リードにはたらいた危険行為により、ドイツ代表MFバスティアン・シュヴァインシュタイガーにはイングランドサッカー協会(FA)から3試合の出場停止処分が科された。

 イタリア代表DFマッテオ・ダルミアンは、アウェーでのヴォルフスブルク戦でハムストリングを負傷し、前半終了前に交代。イングランド代表DFクリス・スモーリングも同試合でフル出場したが、そけい部を負傷した。

 今週、肩の手術を受けたアルゼンチン代表DFマルコス・ロホは、先日に足の手術を受けたエクアドル代表MFアントニオ・バレンシアは長期離脱することが濃厚で、スペイン人MFアンデル・エレーラ、イングランド代表のDFフィル・ジョーンズとFWウェイン・ルーニー、そして長期離脱中の同代表DFルーク・ショーも今節は欠場。そんな中での朗報は、でん部を痛めたフランス代表MFモルガン・シュネデルランが復帰間近ということくらいだろう。

 ファン・ハール監督は、クラブの練習場「Aonトレーニングコンプレックス」でインタビューに応じ、負傷者について、次のように語った。

「良い状態ではない。8選手が負傷している。ダルミアンとスモーリングもリストに加わった。シュヴァインシュタイガーは出場停止だ。つまり、9選手が出場できない」

「シュネデルランの復帰は近い。それは問題ではないが、負傷者が8名もいる。ロホは今週手術を受けたばかりなので、復帰までには時間がかかる。ショーとバレンシアのケガも軽くはない。彼らも手術を受けたので、時間がかかる。それが我々にとっての問題だ」

 過密日程となる今後について、同監督は、「試合日程がヘビーなので、(負傷者過多は)チームにとって良いことではない。しかし、スモーリング、エレーラ、ダルミアンはクリスマス前に復帰できるだろう」と語った。

 ヴォルフスブルクに3-2で敗れ、チャンピオンズリーグ敗退が決まった今、ファン・ハール監督は選手たちのスピリットを高めることが仕事になると話した。

「やろうとしているが、当然ながら選手たちにも自ら気持ちを奮い立たせてもらわなければいけない。彼らもプロフェッショナルなのだからね」

「自分たちの力で気持ちを高めてもらう必要がある。これから戦わなければならないケースが多い。プレミアリーグ首位に近い位置にいるし、FAカップも、ヨーロッパリーグもある。戦う大会は十分にある」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る