2015.11.30

アーセナル、1試合で3選手が故障…指揮官は「誰にも予測できない」

ノリッジ戦で負傷したFWサンチェス(右) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルは29日に行われたプレミアリーグ第14節で、ノリッジと1-1で引き分けた。試合後、アーセナルを率いるアーセン・ヴェンゲル監督がインタビューに応じている。同日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 立ち上がり11分にフランス代表DFローラン・コシェルニーがでん部を痛めて交代。後半にはチリ代表FWアレクシス・サンチェスもハムストリングを痛めて途中交代を余儀なくされた。スペイン代表MFサンティ・カソルラもこの試合にフル出場したが、ひざの故障を抱えたという。

 ヴェンゲル監督は、「我々は故障者を3人も出してしまった。ひざの問題を抱えたカソルラは試合終盤、片足でプレーしていたんだ。サンチェスはハムストリングの負傷、コシェルニーはでん部の問題を抱えている。どの程度の負傷かは分からないが、明日の朝の状態を見る必要がある」と話し、負傷した3選手の状態を気遣った。

 サンチェスは休ませるべきだったのではないかと問われ、「今の我々は前線の選択肢が多くない。(ダニー)ウェルベックも(セオ)ウォルコットも離脱しており、(アレックス・オックスレイド)チェンバレンは復帰したばかりだ。選手たちはサッカーをするためにいる。メディアが休むべきと決めたときに休むためにいるのではない」と答え、多くの負傷者が出ているチーム状況を嘆いた。

 さらに、「検査はしてあって、問題はなかったんだ。選手がいつ負傷するかを科学的に予測することは誰にもできない。今日は彼を休ませたかったが、彼は試合前に問題はない、大丈夫だと言っていたんだよ」と続け、ノリッジ戦の直前には問題がなかったことを強調した。

 アーセナルは次節、5日にサンダーランドとホームで対戦。また、9日には決勝トーナメント進出をかけて、チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節オリンピアコス戦を控える。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング