2015.11.30

リヴァプール、PK弾で公式戦3連勝…スタリッジが約2カ月ぶりに復帰

スウォンジーと対戦したリヴァプール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第14節が29日に行われ、リヴァプールとスウォンジーが対戦した。

 リヴァプールは前節、敵地でマンチェスター・Cに快勝。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ・グループステージ第5節のボルドー戦でも勝利し、勢いに乗っている。上位浮上を目指すこの一戦には、ブラジル代表MFロベルト・フィルミーノや、ベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケらが先発に名を連ねた一方、ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョはベンチ外となった。対するスウォンジーはリーグ戦ここ3試合白星がなく、強敵を相手に勝利し調子を取り戻したい。

 立ち上がりからチャンスを迎えたのはリヴァプール。6分、ピッチ中央でパスを受けたアダム・ララーナが右サイドから走りこむジョーダン・アイブにスルーパス。すると競り合いの中で相手DFカイル・バートリーがクリアしたボールがポストに直撃し、あわやオウンゴールの場面を迎えた。さらに14分にはエムレ・ジャンからのロングパスを受けたベンテケがPA内チャンスを迎えるが、シュートを打つことはできなかった。その後試合はこう着状態が続き、スコアレスで前半を折り返す。

 前半ほとんどチャンスを作れないでいたスウォンジーは48分、キ・ソンヨンが左足でミドルシュートを放つが、ボールは枠を外れる。対するリヴァプールは51分、左サイドでボールを受けたアイブがドリブルで切り込み、ミドルシュート。しかしこれはファビアンスキの好守に阻まれた。

 61分、得点が奪えないリヴァプールだったが、右サイドに開いたアイブがクロスを上げると、ニール・テイラーの手に当たりPKを獲得。これをジェームズ・ミルナーがしっかりと決め、リヴァプールが先制に成功する。

 1点を奪われたスウォンジーはジャック・コークとバフェティンビ・ゴミスを投入し流れを変えようとするが、チャンスを作ることはできない。

 一方のリヴァプールは71分、ベンテケに代わりダニエル・スタリッジを投入し攻勢を強める。すると直後の75分、約2カ月ぶりの公式戦出場となったスタリッジはミルナーのシュートに反応するがボールに触れず、得点には至らなかった。

 結局試合はこのまま終了。1-0でリヴァプールがスウォンジーを下し、公式戦3連勝を飾った。敵地で敗れたスウォンジーは15位に順位を落とした。

 次節、リヴァプールは敵地でニューカッスルと、スウォンジーはレスターと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 1-0 スウォンジー

【得点者】
1-0 62分 ジェームズ・ミルナー(PK)(リヴァプール)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る