2015.11.01

マンC、主力不在もY・トゥーレの劇的勝ち越しPK弾で首位キープ

ヤヤ・トゥーレ
決勝点を決めたY・トゥーレ(手前) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 プレミアリーグ第11節が10月31日に行われ、マンチェスター・Cとノリッジが対戦した。

 前節、首位のマンチェスター・Cはマンチェスター・Uとのダービーマッチを戦い、0-0のスコアレスドローに終わった。なんとか首位をキープしたが、2位アーセナルに勝ち点で並ばれ、エースのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロとスペイン代表MFダビド・シルバを欠くなかで、勝点を落とせない状況となった。一方、16位のノリッジは5試合勝ちなしと厳しい状況に立たされている。

 マンチェスター・Cは21分、ゴール前でケレチ・イヘアナチョからパスを受けたウィルフリード・ボニーが、エリア内に進入して右足シュート。しかし、ここは枠の右に外してしまい、先制点を奪えない。

 試合が動いたのは67分、マンチェスター・Cが右CKを獲得すると、ケヴィン・デ・ブライネのクロスボールからニコラス・オタメンディが強烈なヘディングシュートを決め、マンチェスター・Cが先制に成功する。

 しかし、リードを守り切れないマンチェスター・C。83分、ノリッジが右サイドから攻め込むと、ロバート・ブレイディが切り返して左足でクロスボールを供給。これをGKジョー・ハートがキャッチミスしてしまい、こぼれ球をキャメロン・ジェロームに押し込まれ、同点とされてしまった。

 このまま試合終了かと思われた87分、マンチェスター・Cにビッグチャンスが訪れる。右サイドのヘスス・ナバスがクロスボールを入れると、GKジョン・ルディがキャッチしきれずに前に落としてしまう。これを自らキャッチしにいくが、こぼれ球をラヒーム・スターリングが右足シュート。ボールはゴールカバーに入っていたラッセル・マーティンの右腕に当たり、主審はPKを指示。マーティンは一発退場となった。89分、キッカーのヤヤ・トゥーレがこれをきっちりとゴール左下に決め、マンチェスター・Cが土壇場で勝ち越した。

 後半アディショナル5分には、スターリングがこの日2本目のPKを獲得したが、アレクサンダル・コラロフがゴール右に外してしまい失敗。

 このまま試合終了となり、マンチェスター・Cが2-1でノリッジを下し、リーグ戦首位を守っている。

 次節、マンチェスター・Cは敵地でアストン・ヴィラと、ノリッジはホームでスウォンジーと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・C 2-1 ノリッジ

【得点者】
1-0 67分 ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C)
1-1 83分 キャメロン・ジェローム(ノリッジ)
2-1 89分 ヤヤ・トゥーレ(PK)(マンチェスター・C)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る