2015.10.31

マンC新星イヘアナチョ「本当はポルトに行きたかったけど親父が…」

イヘアナチョ
クリスタル・パレス戦で初ゴールを決めたマンCのイヘアナチョ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・C期待の新星、U-20ナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョが、ポルト(ポルトガル)への移籍を望んでいたことを明かした。イギリス紙『エクスプレス』が30日に伝えた。

 現在19歳のイヘアナチョは、2013年にアラブ首長国連邦(UAE)で行われたU-17ワールドカップでナイジェリア代表として出場。最優秀選手賞に輝く大活躍で、チームを優勝に導いた。同大会中にマンチェスター・Cなど複数クラブからの接触があったという。

 イヘアナチョは当時を振り返り、「マンCからの興味を聞いたのは、U-17ワールドカップ予選でナイジェリア代表に参加していた時だった。予選が全部終わったとき、何人かのスカウトが、契約を結ぶためにアプローチしてきたよ」と明かすが、「だけど、その時はどのクラブとも契約したくなかった。ただフットボールを楽しみたいと思っていたんだ」と、移籍に興味がなかったと語った。

 そして、「本大会で何試合かプレーした後、僕はマンCとの契約に合意したんだ。正直に言って、当時、僕はクラブについてほとんど知らなかったよ」と明かしたが、実は「僕が加入したかったポルトとサイン間近だったんだ」と、ポルト加入を望んでいたことを明言。「マンCはビッグクラブで、多くの素晴らしい選手がいた。僕はここで将来があるとは信じていなかったよ」と、マンチェスター・C移籍を望んでいなかった理由を語った。

 だが、「僕の代理人はマンCの方が可能性があると言っていた。父親もマンCとサインすべきだと言ったんだ。そのほうが将来は明るいってね。だから僕は決断したんだよ」とコメント。代理人や父親のアドバイスを受けて考え直したという。

 その後、イヘアナチョは2014年にマンチェスター・Cへ加入。今シーズンの8月29日に行われたプレミアリーグ第4節のワトフォード戦でトップデビューを果たした。さらに、9月12日に行われた第5節のクリスタル・パレス戦では、終了間際の89分から途中出場し、直後に初ゴールとなる決勝点を挙げて1-0の勝利に貢献。同選手は、「父が僕に必要な自信をくれたんだ。今は、父のアドバイスを聞いといてハッピーだよ」と、移籍は正しかったとし、父親に感謝した。

 マンチェスター・Cは、31日に行われるプレミアリーグ第11節で、ノリッジをホームに迎える。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る