2015.10.26

トゥヘル監督、クロップ監督の挑戦を応援「幸運を祈り続けている」

トゥヘル
マインツ時代のトゥヘル監督(左)とドルトムント時代のクロップ監督 [写真]=ullstein bild via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督が、リヴァプールのユルゲン・クロップ監督を激励した。25日付のイギリス紙『リヴァプール・エコー』が伝えている。

 クロップ監督がマインツを率いていた2008年に同クラブの下部組織で指揮を執っていたトゥヘル監督。2009年にはクロップ監督の後任としてトップチームの指揮官に就任すると、今シーズンはドルトムントでクロップ監督の後を継いでいる。

 トゥヘル監督は、「個人的に興味を抱いているし、我々は今でも彼の幸運を祈り続けている。素晴らしいステップだと思うし、ユルゲンが現在のプレミアリーグにいるというのも偉大なことだ。私は、彼が成功することを100パーセント確信している。また、プレミアリーグでユニークな特徴を持った彼らしいスタイルのフットボールを構築できると信じている」と、クロップ監督の成功を願った。

 また、「今のところ、連絡は取り合っていない。私は彼にメッセージを送ったが、きっと彼には2500通ものメッセージが届いているだろう。返事は期待していないよ。心からのものだったんだ」と明かしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る