2015.09.20

歴史的快挙を成し遂げたラグビー日本代表にサッカー界から称賛の声

南アフリカを破ったラグビー日本代表 [写真]=Gallo Images/Getty Images
全てのフットボールラバーに捧ぐWebマガジン

 19日に行われたラグビー・ワールドカップの初戦で、優勝候補の南アフリカ代表を相手に大金星を収めた日本代表。

 波乱が起き難いとされる競技だけに世界中のメディアが日本の勝利を称賛しており、“ラグビー史に残る大番狂わせ”、あるいは“スポーツ史上最大の下剋上”ではないかとも報じられている。

 そんな歴史的な快挙にサッカー界からも祝福の声があがっているのでご紹介しよう。

 20日にマンチェスター・U戦を控える日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)は、「あなたたちは伝説だ! 最高に興奮した! 俺も明日頑張ろ!」 と同じ日本の“サムライ”の活躍に刺激を受けた様子。

 また、なでしこジャパンのエース・大儀見優季(フランクフルト/20137月〜2015年1月までチェルシー所属)も、「ラグビー日本代表凄すぎる。感動」と簡潔ながら感激の声をツイートした。

 驚いているのは日本人だけではない。

 イングランド史上最高のFWの1人で、今やすっかり同国サッカー界のご意見番的な存在となっているゲーリー・リネカー氏は、「もしウェスト・ハムが持ちこたえたら、ラグビーW杯で日本が南アフリカを倒した試合に続く大番狂わせになるね」 と、同じ時間に行われていたマンチェスター・C対ウェストハムの一戦を日本の快挙を引用して表現。

 この試合で2点を先制したウェストハムはマンチェスター・Cの追撃を1点に抑えて3連勝を飾るとともにアーセナルリヴァプールマンチェスター・Cをアウェーで下す快挙を成し遂げている。

 また、同じく元イングランド代表のFWで、2013年の有馬記念でオルフェーヴルが優勝した際に感激のツイートをしたことでも知られる“ワンダーボーイ”ことマイケル・オーウェン氏も、「最高だった。幸運は勇気に傾く。輝かしい日本」と、何度も突き放されながら追いすがり、奇跡的な逆転勝利を呼び込んだ日本代表の勇敢さを絶賛した。

 今回ここで取り上げた4人に共通するのはいずれもイングランドに関係した選手(元選手)。開催地というのもあるが、サッカーと同じ英国発祥のスポーツだけにその関心は高かったようだ。

(記事提供:Qoly)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング