FOLLOW US

リーグ初黒星のマンC…指揮官、シルバ不在も「言い訳にしたくない」

ウェストハム戦で指揮を執るペジェグリーニ監督 [写真]=Getty images

 プレミアリーグ第6節が19日に行われ、マンチェスター・Cはウェストハムと対戦し、1-2で敗れ、今シーズンのリーグ戦初黒星を喫した。試合後、同チームを率いるマヌエル・ペジェグリーニ監督がインタビューに応え、イギリス紙『デイリーメール』がコメントを伝えている。

 リーグ戦5連勝中のマンチェスター・Cはホームにウェストハムを迎えた。試合は、ウェストハムがナイジェリア代表FWビクター・モーゼスの得点で先制すると、前半31分にセネガル代表FWディアフラ・サコが追加点を獲得。マンチェスター・Cは前半アディショナルタイムにベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネが加入後初ゴールを決めるが、同点ゴールを奪うことはできず、今シーズンリーグ戦で初黒星となった。

 マンチェスター・C所属のスペイン代表MFダビド・シルバは負傷のため同試合を欠場。このことに関してペジェグリーニ監督は「彼はふくらはぎを痛めていた。ウォーミングアップをしようとしたが、筋肉が張った状態で、プレーできなかった」と同選手の状態を説明した。

 同監督は、この敗戦がシルバの不在によるものではないことも強調している。「私はシルバが試合に出られなかったことを言い訳にしたくない。一人の選手だけによるものではないと考えているよ」

 次節、マンチェスター・Cは敵地でトッテナムと対戦する。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA