2015.09.13

吉田がプレミア日本人最多出場記録を樹立…稲本超えの67試合出場

吉田麻也
サウサンプトンでプレーする吉田(写真は8月のもの) [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第5節が12日に行われ、日本代表DF吉田麻也の所属するサウサンプトンは敵地でウェスト・ブロムウィッチ(WBA)と対戦した。同試合に途中出場した吉田が、コンサドーレ札幌MF稲本潤一の保有していた日本人選手のプレミアリーグ最多出場記録を更新した。

 今シーズンのリーグ戦で初めて先発メンバーから外れた吉田は、75分にセドリック・ソアレスと交代で投入されて右サイドバックとして約15分間プレーした。この試合でプレミアリーグでの通算出場記録を67試合に伸ばし、稲本が樹立したプレミアリーグでの日本人選手最多出場記録を更新している。

 吉田は2012年にオランダのVVVフェンローからサウサンプトンに移籍。同年9月15日のアーセナル戦で途中出場し、プレミアリーグ初出場を果たしていた。これまでの通算記録は67試合に出場し2ゴールを記録。イエローカードは通算5枚受けている。

 これまで記録を保持していた稲本は、2001-02シーズンにアーセナルへ加入。その後、フルアム、ウェスト・ブロムウィッチでプレーしていた。日本人史上初となった稲本のプレミアリーグ初出場は、2002年8月17日のボルトン戦。そして、同年9月11日のトッテナム戦ではプレミア初ゴールも記録していた。

 なお、試合は0-0のままスコアレスドローに終わっている。

■プレミアリーグ日本人選手出場記録(データはリーグ公式サイトより)
67試合 吉田麻也
66試合 稲本潤一
38試合 香川真司
21試合 中田英寿
17試合 宮市亮
4試合 戸田和幸/岡崎慎司

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング