FOLLOW US

モウリーニョの息子はバルサとメッシのファン…SNSで「大好き」

息子がバルサファンと報じられたチェルシーのモウリーニョ監督 [写真]=AMA/Getty Images

 チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督の息子が、バルセロナ、そしてFWリオネル・メッシのファンであるとスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。

 現在フルアムのU-16でGKを務めるジョゼ・マリオは自身のSNSで、鏡の前に立ち今シーズンのバルセロナのユニフォームを着用した自分の姿を写し、「僕の大好きなチームのひとつ」とツイートした。自撮りをしたそのユニフォームの背中には10番とメッシの名前が入っている。

 UEFAスーパーカップの試合後にはメッシの公式ツイッターを「世界最高の選手がいる世界のベストチーム…FCバルセロナ!! レオ・メッシとチャンピオンたち!!」というコメントを添えてリツイートしていた。モウリーニョ監督の息子がバルセロナ、そしてメッシのファンであるのは明らかだ。

 ジョゼ・マリオは父親がバルセロナのテクニカルスタッフとして働いていた時に産まれた。それが関係しているのかはわからないが、バルセロナが好きなようだ。モウリーニョ監督といえば、2006年のチェルシー対バルセロナ戦後にメッシがファールを受け倒れる姿を「劇場」と批評したり、レアル・マドリード監督時代にメッシがベンチの近くに立つとくさいものがあるかのように手を振ったりしていた。

 FWクリスティアーノ・ロナウドとの関係が良好ではなくなってからは「メッシは唯一の存在。マークするのは不可能だ」と公の場でメッシを称えるようになったが、レアル・マドリードを率いていた監督時の印象は根強く、バルセロナ、メッシと敵対しているイメージは強烈だ。それもあってか、同監督の息子がバルセロナを好んでいることはまるでサプライズであるかのように伝えられている。彼のようなツイートをしている16歳のサッカー好きな少年は、世界中どこにでもいるだろうに。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA