2015.08.22

プレミアで最も多くの試合に出場した“コンビ”は? あの2人が1位に

ジェラード キャラガー
リヴァプールでともにプレーしたジェラード(左)とキャラガー(右) [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 ドワイト・ヨーク×アンディ・コールの“ホットセット”、ティエリ・アンリ×デニス・ベルカンプの魅惑の2トップ、そしてスティーヴン・ジェラード×シャビ・アロンソのダブルボランチ…。

 プレミアリーグではこれまで、様々な「名コンビ」が舞台を彩ってきた。どんなチームにもクラブを支え続けたコンビはたいてい存在しており、そうした存在に思いを馳せるファンも少なくない。

 では、プレミアリーグの歴史において、最も多くの試合でプレーしたコンビは誰と誰なのであろうか?

『Soccerissue.com』が、その上位26組を紹介している。

スティーヴン・ジェラード×ジェイミー・キャラガー:382試合
ポール・スコールズ×ライアン・ギグス:358試合
フランク・ランパード×ジョン・テリー:351試合
ガリー・ネヴィル×ポール・スコールズ:301試合
ユッシ・ヤースケライネン×ケヴィン・ノーラン:300試合
ガリー・ネヴィル×ライアン・ギグス:297試合
ユッシ・ヤースケライネン×ケヴィン・デイヴィス:287試合
ジェイミー・キャラガー×サミ・ヒーピア:280試合
ジョン・テリー×ペトル・チェフ:277試合
フランク・ランパード×ペトル・チェフ:271試合
サミ・ヒ―ピア×スティーヴン・ジェラード:268試合
レオン・オズマン×ティム・ハワード:266試合
ロイ・キーン×ライアン・ギグス:258試合
レイトン・ベインズ×ティム・ハワード:252試合
デイヴィッド・シーマン×リー・ディクソン:243試合
ジェイミー・キャラガー×ペペ・レイナ:242試合
ユッシ・ヤースケライネン×リカルド・ガードナー:240試合
アラン・シアラー×シェイ・ギヴン:240試合
フィル・ネヴィル×ティム・ハワード:239試合
デニス・アーウィン×ライアン・ギグス:239試合
フィル・ジャギエルカ×ティム・ハワード:234試合
リオ・ファーディナンド×ライアン・ギグス:231試合
ペペ・レイナ×スティーヴン・ジェラード:228試合
リー・ディクソン×レイ・パーラー:226試合
ディディエ・ドログバ×ジョン・テリー:226試合
デイヴィッド・シーマン×レイ・パーラー:226試合

 プレミアリーグで最も多くの試合に出場したコンビはスティーヴン・ジェラードとジェイミー・キャラガーであるそうだ。両者はリヴァプールで382試合ともにプレーしている。

 ポール・スコールズやライアン・ギグス、スティーヴン・ジェラードといったスーパースターたちが上位を占める中で、ボルトンで長く活躍したGKユッシ・ヤースケライネンが三度にわたって登場するのがなんとも渋い。

 対象となっているのは「同じチームでプレーした2選手」であり、アラン・シアラーとシェイ・ギヴンといったGKとFWが選ばれるケースもある。

 ちなみに、プレミアリーグにおける出場試合数の歴代1位はライアン・ギグスで632試合。2位はフランク・ランパードで609試合、3位は572試合のデイヴィッド・ジェームズなのだが、ジェームズは今回のランキングに登場しておらず、プレミアリーグで長く出場しているというよりは、一つのクラブで長くプレーしていることがランクインする条件となっているようだ。

(記事提供:Qoly)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る