FOLLOW US

元蘭代表主将フリット氏がマンUに警鐘「本物のストライカーが必要」

クラブ・ブルージュ戦に出場したFWルーニー [写真]=Man Utd via Getty Images

 元オランダ代表のレジェンド、ルート・フリット氏が、不調のイングランド代表FWウェイン・ルーニーを助けるためにマンチェスター・Uはトップクラスのストライカーを獲得すべきだと語った。イギリス紙『エクスプレス』が20日に伝えている。

 フリット氏は、移籍市場が9月1日に閉まる前に、ルイ・ファン・ハール監督は、CFのルーニーを助けることができる選手を補強すべきだと主張。チェルシーへの移籍が決定的となり、獲得に失敗したバルセロナのスペイン代表FWペドロ・ロドリゲスを使うこともできたかもしれないが、同氏はウィンガーより「本物の」ストライカーがマンチェスター・Uには必要だという考えを披露した。

「マンチェスター・Uを見れば、正真正銘のストライカーがいないことが分かる。ルーニーはどうかって?彼は本物のストライカーではない。ルーニーは前線でのプレーに絡みたいと思っているが、前線で1人でプレーできる選手ではない。クラブ・ブルージュ戦で苦戦していた。しかし、それはポジションだけの問題だ。結果として、ルーニーがあのポジションにいる限り、チームは本物のストライカーなしにプレーをすることになる」

「ルーニーは一生懸命にやっている。彼の運動量が少ないと責めることはできない。しかし、試合の間中、ずっと(前線の選手を)探していた。だから、前線に始終、張っているストライカーが必要なんだ」

 マンチェスター・Uは18日に行われたチャンピオンズリーグ・プレーオフのファーストレグでクラブ・ブルージュと対戦し3-1で勝利。22日にはプレミアリーグ第3節で、3連勝をかけてニューカッスルと対戦する。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA