2015.08.11

マンC、王座奪還へ3発快勝の好スタート…Y・トゥーレが2ゴール

ヤヤ・トゥーレ
2ゴールを挙げたヤヤ・トゥーレ(中央) [写真]=Getty Images

 2015-16シーズンのプレミアリーグ開幕戦が10日に行われ、ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)とマンチェスター・Cが対戦した。

 昨シーズン、マンチェスター・Cは2位に終わり、チェルシーにプレミアリーグ王者の座を譲った。王座奪還に燃えるクラブは、今夏の移籍市場でリヴァプールからイングランド代表MFラヒーム・スターリングを獲得するなど、戦力の充実化を図った。また、退団が噂されたコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレの慰留にも成功し、同試合の先発メンバーに名を連ねている。

 試合は開始早々にマンチェスター・Cがチャンスを作る。9分、右サイドの深い位置でボールを持ったヘスス・ナバスがペナルティエリア手前のY・トゥーレへパスを送る。Y・トゥーレがダイレクトで右足シュートを放つと、相手DFに当たったボールがゴール左下に吸い込まれ、マンチェスター・Cが先制に成功する。

 続く24分、中盤でパスを受けたY・トゥーレが前線のウィルフリード・ボニーへパスを送る。ペナルティエリア正面でボールを受けたボニーが再びY・トゥーレへ落とすと、Y・トゥーレがダイレクトでミドルシュート。右足から放たれたボールはカーブを描き、ゴール右上に吸い込まれた。

 その後もマンチェスター・Cは攻撃の手を緩めない。41分、フェルナンジーニョがハーフウェーライン付近から前線にスルーパスを送ると、中央のボニーがこれをスルーして左サイドのスターリングへボールが渡る。スターリングはGKと一対一になったが、ここはボアズ・マイヒルの好守に阻まれてしまい、追加点を奪えなかった。前半はマンチェスター・Cが2点のリードを奪い、WBAを圧倒したまま終了を迎えた。

 後半立ち上がりの49分、ようやくWBAも反撃に出る。ペナルティエリアほぼ正面の位置でFKを獲得すると、リッキー・ランバートが右足で直接狙ったが、ボールはわずかに枠の右上に外れてしまった。

 しかし、追加点を挙げたのはマンチェスター・Cだった。59分、左CKを獲得すると、ダビド・シルバのクロスボールをニアに飛び込んだヴァンサン・コンパニがヘディングで合わせ、リードを3点に広げた。

 最後まで攻めるマンチェスター・Cは、途中出場のサミル・ナスリやセルヒオ・アグエロがチャンスを迎えたが決め切ることはできず、3-0で開幕戦を白星で飾った。

 次節、マンチェスター・Cはホームにチェルシーを迎える。また、WBAは敵地でワトフォードと対戦する。

【スコア】
ウェスト・ブロムウィッチ 0-3 マンチェスター・C

【得点者】
0-1 9分 ヤヤ・トゥーレ(マンチェスター・C)
0-2 24分 ヤヤ・トゥーレ(マンチェスター・C)
0-3 59分 ヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・C)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
22pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
17pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
19pt
バイエルン
17pt
ライプツィヒ
16pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
22pt
バレンシア
18pt
レアル・マドリード
17pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
24pt
インテル
22pt
ユヴェントス
19pt
欧州順位をもっと見る