2015.08.09

吉田所属のサウサンプトン、クーマン監督不在でプレミア開幕戦へ

クーマン
松葉杖をつきながらフィテッセ戦に臨んだクーマン監督 [写真]=VI Images via Getty Images

 日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンは、チームを率いるロナルド・クーマン監督が不在の中、9日に行われるプレミアリーグ開幕節でニューカッスルと対戦することとなった。クラブ公式サイトが伝えている。

 クーマン監督は5日にアキレス腱を負傷。6日にアウェーで行われたヨーロッパリーグ予選3回戦セカンドレグのフィテッセ(オランダ)戦は、松葉杖をつきながらチームに帯同。しかし7日には手術を受けており、同監督は術後、自身の公式ツイッター(@RonaldKoeman)で「手術成功!!」とのコメントと病室での自身の写真をツイートしていた。

 この負傷のためクーマン監督は、ニューカッスルとのアウェーゲームに臨むチームに帯同していない。サウサンプトンは指揮官不在の中でシーズン開幕を迎えることとなった。なお、チームの指揮はアシスタントコーチで同監督の兄であるエルウィン・クーマン氏が務めることになっている。

 今夏新加入のポルトガル代表DFセドリック・ソアレスは、クラブのインタビューで、「選手たちはこの状況(クーマン監督不在)を勝利へのモチベーションにしなければならないと思う。そして監督に勝利を捧げるんだ」とコメントしている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
ドルトムント
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る