FOLLOW US

PSGとマンUがディ・マリア移籍で合意へ…移籍金は88億円か

移籍が報じられるディ・マリア [写真]=Man Utd via Getty Images

 マンチェスター・Uのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが、パリ・サンジェルマンへの移籍に近づいていることが明らかになった。23日付のスペイン紙『マルカ』など各紙が報じている。

 現在マンチェスター・Uは、インターナショナル・チャンピオンズ・カップ(ICC)2015の北米ラウンドに参加している。ディ・マリアは4日までチリで行われていたコパ・アメリカ2015に参加していたため、同ツアーには参加していないが、この数日間で合流するチームが変わる可能性が高まっている。

 ディ・マリアとパリ・サンジェルマンは既に個人合意に達していると報じられていた。パリ・サンジェルマンも同じくICCの北米ラウンドに参加しているため、両クラブはアメリカで交渉を行った模様で、同紙によると移籍金6500万ユーロ(約88億6000万円)で基本合意に近づいているという。早ければ数日中に交渉がまとまり、ディ・マリアはそのままパリ・サンジェルマンへ合流するとみられる。

 現在27歳のディ・マリアは、昨年の8月にプレミアリーグ歴代最高額である5970万ポンド(約110億円)の移籍金でレアル・マドリードからマンチェスター・Uへ移籍。2014-15シーズンはリーグ戦27試合でプレーするも、途中出場も多く3得点を挙げるに留まっていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO