FOLLOW US

移籍噂のデ・ブライネにかん口令…ヴォルフス指揮官「残ると思う」

17日にはアヤックスとのプレシーズンマッチに出場したデ・ブライネ [写真]=VI Images via Getty Images

 ヴォルフスブルクを率いるディーター・ヘッキング監督が、同クラブ所属のベルギー代表MFケヴィン・デ・ブライネの去就について語っている。

 マンチェスター・Cやバイエルンがデ・ブライネ獲得に興味を示していることが、これまでに各メディアによって報じられていた。18日に大手メディア『スカイスポーツ』のインタビューを受けたヘッキング監督も、「ケヴィンは世界中から欲しがられている選手だ」と、同選手が注目を集めていることを認めている。

 一方で、「彼は最低でもあと1年はヴォルフスブルクに残ると思う」と、今夏の退団を否定した。

 なお、デ・ブライネ自身は「すまないが、何も話すなと言われているんだ」と、“かん口令”の存在を明かしている。

 現在24歳の同選手は、2012年1月にチェルシーへ加入するも定位置確保には至らず、ゲンクとブレーメンへのレンタルを経て2014年1月にヴォルフスブルクへ完全移籍。2014-15シーズンのブンデスリーガでは10ゴール20アシストを記録している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA