2015.05.31

バロテッリ、1ゴールが約39億円…今季プレミアで最もコスパの低いFWに

マリオ・バロテッリ
昨夏にリヴァプールに加入したバロテッリ [写真]=Getty Images

 リヴァプールに所属するFWマリオ・バロテッリが2014-15年シーズンのプレミアリーグにおいて、最も費用対効果の低いFWだったことが明らかとなった。29日のイギリス紙『デイリーメール』が報じた。



 同紙によると、昨夏1600万ポンド(約30億円)でセリエAのミランからリヴァプールに移籍したバロテッリの年俸は470万ポンド(約8億9000万円)と見られている。今シーズン、プレミアリーグで記録したゴールは1得点にとどまっており、1ゴールあたり2070万ポンド(約38億9000万円)という最低の費用対効果を記録した。

 同番付の2位には今年1月にスウォンジーからマンチェスター・Cへ移籍したコートジボワール代表FWウィルフリード・ボニーが入り、同選手は2ゴールを決めたものの、1ゴールあたりの費用対効果は1630万ポンド(約31億円)となっている。

 一方、最も費用対効果が高かったのは、昨夏ブンデスリーガのハノーファーからストークに移籍し、11ゴールを挙げたセネガル代表FWマメ・ビラム・ディウフで、1ゴールあたりの費用対効果は19万ポンド(約3600万円)となっている。

 なおプレミアリーグの20クラブは、昨夏と今年1月の移籍市場で、累計2億6000万ポンド(約494億円)以上の移籍金を使用している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る