FOLLOW US

ホーム最終戦で同僚に担がれピッチを後に…ドログバ「テリーの仕業」

チームメイトに担がれたピッチを後にしたドログバ [写真]=Getty Images

 チェルシーは24日に行われたプレミアリーグ最終節でサンダーランドと対戦し、3-1でホーム最終戦を勝利で飾った。

 今シーズン限りでのチェルシー退団を発表していた元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバは、途中交代の際、チームメイトに担がれてピッチを後にしていた。イギリス紙『デイリーミラー』が伝えている。

 同試合で先発出場したドログバは、前半の30分に負傷を考慮され途中交代。その際、チームメイトが集まって同選手を担ぎ、まさに“キング”の格好で送り出していた。

 これについてドログバは、「JT(ジョン・テリー)が僕を担いで送り出すことを決めたんだ」と明かすと、「感動的な瞬間だった。本当に感動したよ」と語っている。

 なお、イギリス紙『デイリーメール』によると、サンダーランドのディック・アドフォカート監督は、この行為が敬意を欠くものではないかとの問に、「全然だよ。モウリーニョが試合前に、私のところへ来て説明してくれていた。私たちは事前に知っていたし何の問題もない。ドログバはそれに値する選手だよ」とコメントしている。

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO