FOLLOW US

マンU、フンメルス獲得失敗か…ドルトSD「彼は我々の構想内にいる」

ドルトムントでプレーするフンメルス [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uが、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表DFマッツ・フンメルスの獲得に失敗したことが濃厚となった。21日付のイギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

 現在26歳のフンメルスは、以前からマンチェスター・Uが獲得に関心を持っていると報じられていた。今シーズン、ドルトムントは低迷し、ユルゲン・クロップ監督の退任が決定しているため、複数の選手に退団の可能性が浮上しており、フンメルスのマンチェスター・Uへの移籍も有力視されてきた。

 しかし、ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツ・ディレクター)はドイツ誌『キッカー』に対し「マッツが将来のことを考えていたということは大事な事だ。でも彼が常に我々の構想の中にいるということを伝えておこう」とコメントし、フンメルスが移籍を取りやめ、来シーズン以降もチームに残留することを示唆している。

 フンメルスは2008年1月にバイエルンからレンタル移籍で加入すると、当時19歳ながらすぐさまレギュラーの座を掴み、2009年に完全移籍。今シーズンからは元ドイツ代表MFセバスティアン・ケールの後を継ぎ、チームの主将も務めている。また、ドイツ代表としては2010年のマルタ代表戦でデビューを飾り、2014年のブラジル・ワールドカップ優勝にも貢献していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO