2015.05.19

チェルシーのセスクが乱心! 相手選手の頭にボールを直撃させて一発退場

セスク
相手選手の頭にボールを当てて一発退場となったセスク [写真]=Getty Images

 18日に行われたプレミアリーグ第37節でチェルシーはウェスト・ブロムウィッチ(WBA)に0-3で完敗を喫した。この試合で相手選手にボールを当て一発退場となったセスク・ファブレガスの“動機”が不可解だと話題になっている。

 事件が発生したのはチェルシーが1点を追う前半28分、ペナルティエリア内でジエゴ・コスタが相手選手と小競り合いになり、試合が一度中断。すると、ペナルティエリアの右サイドに一人でいたセスクは転がっていたボールを拾い、主審に抗議していたWBAに選手たちに向けて不意にボールを蹴る。これが、クリス・ブラントの頭に直撃し、セスクは一発退場を命じられた。

 この退場劇についてセスクからコメントが出ておらず、いまだに動機は不明。チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督も「あんな形で退場する選手なんて見たことないよ。できればまた見たいものだ」と、突然の暴挙に困惑を隠せない様子だった。

 この試合前半で10人での戦いを強いられることとなったチェルシーは0-3で完敗。今シーズン3敗目を喫した。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る