2015.05.12

無得点のアーセナル、終了間際に決勝点を許しスウォンジーに今季2敗目

オスピナ
GKオスピナが反応するも、ボールはゴールラインを割った。 [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第36節が11日に行なわれ、アーセナルとスウォンジーが対戦した。

 優勝を逃したものの、2位フィニッシュを目指すアーセナル。前節はハルに3-1で快勝し、調子を上げている。一方、スウォンジーはリーグ第11節に行なわれたホームでの同カードで勝利しており、アーセナルに対しシーズンダブルを目指す。

 最初に好機を作ったのはアーセナル。3分、右サイドのエクトル・ベジェリンがペナルティエリア右のアーロン・ラムジーヘパス。ラムジーがすぐさまクロスを送り、中央のオリヴィエ・ジルーがヘディングで合わせたが、惜しくも枠の上に外れた。

 一方、アウェーに乗り込んだスウォンジーにもチャンス。7分、ジョンジョ・シェルヴィーが中盤でボールを奪うと、ペナルティエリア右でパスを受けたアンヘル・ランヘルが左足シュート。しかし、ここはアーセナルの守護神ダビド・オスピナが難なく抑えた。このままスコアは動かず、0-0で前半を折り返す。

 前半に引き続き、後半もアーセナルが主導権を握る。53分、自陣左サイドのメスト・エジルが前線にロングボールを供給。これをジルーがペナルティエリア手前右に落とすと、アレクシス・サンチェスが相手DFをブロックしながらシュート。しかし、DFがスライディングでなんとかブロックに入った。

 続く64分、ペナルティエリア内右でラムジーが競り合ったボールがエリア手前に転がると、これを拾ったサンティ・カソルラが右足シュート。しかし、ボールはGKウカシュ・ファビアンスキの正面だった。

 なかなか得点が奪えないアーセナル。78分、ペナルティエリア手前で途中出場のジャック・ウィルシャー、カソルラと繋ぎ、最後はラムジーが浮き球のパスをペナルティエリア左へ供給。A・サンチェスがワントラップから右足シュートを狙ったが、ここは元アーセナルのGKファビアンスキが好セーブを披露。さらにこぼれ球に途中出場のセオ・ウォルコットが詰めたが、ここもファビアンスキがなんとか抑えた。

 最大のピンチを凌いだスウォンジーが反撃に出る。85分、左サイドのジェフェルソン・モンテーロがクロスボールを送ると、途中出場のバフェタンビ・ゴミスがヘディングシュート。枠を捉えたシュートはオスピナが横っ飛びでセーブしかに思われたが、ゴールラインテクノロジーに反応があり、主審はゴールを宣言。リプレイで確認してもボールは僅かにゴールラインを割っていた。

 結局、これが決勝点となりスウォンジーが1-0でアーセナルを下している。今シーズン、スウォンジーはアーセナルに対してホーム&アウェーで連勝し、シーズンダブルを達成した。一方、アーセナルは2位フィニッシュが遠のく形となった。

 次節、アーセナルは敵地でマンチェスター・Uと対戦する。

【スコア】
アーセナル 0-1 スウォンジー

【得点者】
0-1 85分 バフェタンビ・ゴミス(スウォンジー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る