FOLLOW US

モウリーニョがジェラードとランパードを称賛「最も優れた8番」

チェルシーを率いるモウリーニョ監督 [写真]=Getty Images

 10日に行われるプレミアリーグ第36節で、チェルシーリヴァプールと対戦する。チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が前日会見に臨み、9日に同クラブ公式HPがコメントを伝えている。

 リヴァプール所属の元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードが今シーズン限りでチームを離れ、MLSのロサンゼルス・ギャラクシーに移籍する。モウリーニョ監督は、同じく今夏にMLSのニューヨーク・シティへ移籍するマンチェスター・Cへ所属の元イングランド代表MFフランク・ランパードと合わせて称賛した。

「ジェラードとランパードは2004年から2012年で最も優れた8番(中盤の選手)だった。彼らは中盤を支配し、ありとあらゆる役割をこなしてみせた。そして、10番(トップ下)よりも多くのゴールを決めたね。ミッドフィルダーながらランパードは30得点、ジェラードは25得点を記録しているんだ」

 また、チェルシー所属のチェコ代表GKペトル・チェフの移籍が噂されていることについては、「私に決定権があるならば、迷わずペトルをチームに残す。今シーズンをみれば分かるように、チームには2人の優れたゴールキーパーが必要なんだ。彼の存在抜きにして優勝などありえなかった。彼は6試合に出場し、チームをタイトルに導いたんだ」と、残留を希望している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO