FOLLOW US

レスターの会長が仰天の行動…スタジアムにヘリを着陸させそのまま帰宅

レスターのスタジアムに着陸するヘリコプター [写真]=Getty Images

 レスターのオーナーを務めるタイ人実業家のヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏が、スタジアムにヘリコプターを着陸させて話題になっている。3日付のイギリスメディア『BT Sport』など各メディアが報じた。

 2日に行なわれたプレミアリーグ第35節で、レスターはニューカッスルに3-0で勝利し、残留圏内の17位に浮上。直近の5試合で4勝と、一時最下位だった状況からいっきに順位を上げ、サポーターは歓喜の渦を作った。オーナーのスリヴァッダナプラバ氏もご満悦のようで、クラブは残留に向けて前進している。

 しかし、試合後に観客が去ったスタジアムには驚きの光景が広がっていた。なんとピッチの中央に一機のヘリコプターが着陸。そこに乗り込むのはオーナーを務めるスリヴァッダナプラバ氏だった。

 同オーナーは、これまでも何度かスタジアムにヘリコプターを着陸させており、試合が終わるとスタジアムから直接ヘリコプターで帰宅しているようだ。

 プレミアリーグでは、伝統のチームカラーを変えてしまう会長や歴史あるクラブ名を変えようとする会長など、様々な“変わり者”が各クラブのオーナーを務めている。世界トップのリーグでオーナーを務める人々は、一般常識では考えられないような行動をとるものなのかもしれない。

1カ月お試し無料!
DAZNへのお申し込みはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA