2015.04.26

マンCが終了間際の決勝点で打ち合い制す…CL出場権確保へ大きく前進

アストン・ヴィラとの打ち合いを制したマンチェスター・C [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第34節が25日に行われ、マンチェスター・Cとアストン・ヴィラが対戦した。

 前節のウェストハム戦で連敗を止めたマンチェスター・C。チャンピオンズリーグ出場権圏内の4位を確保するためにも、勝ち点を落とせない状況が続く。

 試合は開始早々に思わぬ形で動く。3分、ペナルティエリア内でバックパスを受けたアストン・ヴィラのGKブラッド・グザンがパスミス。セルヒオ・アグエロがこぼれ球を拾い無人のゴールへと流し込み、マンチェスター・Cがラッキーな形で先制に成功した。

 対するアストンヴィラは26分、ロン・フラールのシュートがDFに当たり、ゴール前にこぼれたところをクリスティアン・ベンテケが押し込みにいくが、ここはGKジョー・ハートの好セーブに阻まれた。

 その後は両者拮抗した時間が続いたが、マンチェスター・Cが追加点を挙げる。66分、ペナルティエリア正面やや左の位置でFKのチャンスを得ると、アレクサンダル・コラロフが壁の間を抜く見事なシュートを沈め、リードを2点に広げた。

 このままマンチェスター・Cのペースで試合が進むと思われたが、アストン・ヴィラもすぐさま反撃に出る。68分、左サイドでFKを獲得すると、クロスボールからゴール前で混戦が生まれる。こぼれ球をトム・クレヴァリーがダイレクトで叩き込み、1点を返す。

 アストン・ヴィラの勢いは止まらない。85分に右CKを獲得すると、シャルル・ヌゾクビアのクロスは一度は相手DFに弾かれたが、クリアボールをカルロス・サンチェスがダイレクトボレーで合わせる。これがゴール左に決まり、アストン・ヴィラがついに同点に追いついた。

 しかし、試合終了まで残り数分となった89分、マンチェスター・CにもCKのチャンスが訪れる。コラロフが低く速いクロスを上げると、ニアでワンバウンドしたボールをフェルナンジーニョが胸トラップから右足で合わせ、値千金の決勝点を挙げた。

 このまま試合は3-2で終了。マンチェスター・Cが終了間際の決勝点で貴重な勝ち点3を獲得し、4位をキープしている。

 次節、マンチェスター・Cは敵地でトッテナムと、アストン・ヴィラはホームでエヴァートンと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・C 3-2 アストン・ヴィラ

【得点者】 
1-0 3分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
2-0 66分 アレクサンダル・コラロフ(マンチェスター・C)
2-1 68分 トム・クレヴァリー(アストン・ヴィラ)
2-2 85分 カルロス・サンチェス(アストン・ヴィラ)
3-2 89分 フェルナンジーニョ(マンチェスター・C) 

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
62pt
マンチェスター・U
50pt
リヴァプール
47pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
ライプツィヒ
31pt
シャルケ
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
42pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
51pt
ユヴェントス
50pt
インテル
42pt
欧州順位をもっと見る