FOLLOW US

マンC移籍は失敗と非難されるサニャ「チャンピオンに加わり幸せ」

CLのバルセロナ戦に出場したサニャ(左)[写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cに所属するフランス代表DFバカリ・サニャが、22日付のイギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』によるインタビューに応えている。

 サニャは今シーズンの開幕前にアーセナルからマンチェスター・Cへ移籍するも、アルゼンチン代表DFパブロ・サバレタの控えとして扱われ、プレミアリーグ9試合の出場に留まっている。さらに、古巣アーセナルが2位に着けているのに対し、マンチェスター・Cは4位に位置しており、移籍が成功だったとは言い難い状況にある。

 これに対してサニャは、「アーセナルに残るべきだったという意見をたくさん目にしている。でも移籍した時に戻って、もう一度選択することができたとしても、僕はシティと契約するだろうね。チャンピオンチームに加わることができて、幸せなんだ。僕は前を向いて成長するため、ここにいる。そして、これまでに成長してこれたと思っているよ」と、自身の考えを主張した。

 また、「皆がチームとして成功したいという、同じ目標に向かっている。監督やスタッフを含めた全員がチームの一員だ。勝てるチームに戻り、上手くシーズンを終えるため、僕たちはベストを尽くしている」と、チーム状況について語っている。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA