2015.03.24

ジェラードに続きシュクルテルも…踏み続け行為で3試合出場停止か

シュクルテル
デ・ヘアへのラフプレーをしたシュクルテル [写真]=Getty Images

 FA(イングランドサッカー協会)は、リヴァプールに所属するスロヴァキア代表DFマルティン・シュクルテルへの出場停止処分を科すことを発表した。出場停止の試合数については未定である。23日、同協会の公式HPが伝えている。

 シュクルテルは、22日に行われたプレミアリーグ第30節のマンチェスター・U戦で、95分にスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの右脚を踏みつけていた。試合中、審判はこの様子を確認することができなかったため、3名の審判OBが映像を使った調査を行い、満場一致でレッドカードに値すると判断されている。

 なお23日付のイギリス紙『ガーディアン』によると、チームは24日の午後6時まで意義を申し立てることができるが、棄却された場合はシュクルテルに3試合の出場停止処分が科せられる模様。

 また、同試合ではリヴァプールに所属する元イングランド代表MFスティーヴン・ジェラードも踏みつけ行為を行い、出場からわずか38秒で退場したことも話題になっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る